ウェブで学んでみる

19卒・20卒)早期の就活スタートアップセミナーで、私が伝えたかった3つのこと〜セミナー内容をWEBにて公開〜

就活解禁のタイミングで準備をしても手遅れに!?

よいよ就活が解禁され、リクルートスーツを着た就活生が目立つようになってきました。

これまで様々な就活生と携わる中で、この解禁時点で「やりたいことが明確になっていて、自己PRする経験がある学生」と「やりたいことが曖昧で、自己PRする系経験がない学生」の差を感じています。

就活は解禁日からはじめようとすると、開始数ヶ月の中で、「自分の強み」「やりたいこと」を明確にすることを求めらます。

これは現実的に非常に難しいことです。

特に、なんとなく大学生活を過ごしていた学生にとっては「強み」や「やりたいこと」を見出すための経験が圧倒的に不足しています。

そして、就活解禁された時点で「自分は大学生活で一体何を得たのだろう…」と気づいても、そこから挽回することは非常に困難です。

だからこそキャリアスケッチでは、大学1・2年生を対象に就活スタートアップセミナーを実施しました。

本日はそんなセミナー内容をポイントを絞ってお伝えさせていただければと思います。

「就活について理解を深めたい」「将来、後悔したくない」そんな大学生の方は是非残りの学生生活を過ごすヒントにしていただければと思います。

未来の就活生に、私が伝えたかった3つのこと

その1:就活の前に理解するべき「働く」ということ

就職活動とは様々な捉え方がありますが、社会で働くにあたっての準備期間です。

そして働くということは、誰かに何らかの価値を提供して、その対価を得るということです。

世間でいわれる「安定した生活」というのは、企業に入社すれば保障される訳ではありません。

企業の中で「価値を提供し続ける」「提供価値の幅が広げていく」ことによって、はじめて対価が得られるのです。

つまり、就活をはじめるにあたって考えなければいけないのは、「内定獲得のための必勝法を身につけること」でもなく「人気のある企業を片っ端から調べること」でもありません。

自分がどんな価値を世の中に提供していきたいのか、どのような手段で価値を提供するのか、自分なりの「働く」を考えることです。

企業側からすると、就活解禁後に「志望業界は一つに絞るとリスクだから、どの業界を受けようか迷っている」という悩みのレベルでは浅すぎるのです。

なぜなら、解禁後のタイミングで、自分の原体験をもとに「将来○○な事業を創りたい」「世の中に○○という価値を提供したい」という軸を持った就活生が一定数存在するからです。

だからこそ、就活解禁前の学生生活の中で「生活するために、働かなければいいけない」というレベルで留まることなく、「働く」について考えることが重要なのです。

その2:「社会」と「自分」への理解を深める

社会への理解を深める

「働く」ということを考えるにあたって、そもそもどんな選択肢があるのか理解できていないと選べません。

社会には、学生生活では直接目に触れることのない業界や職種が様々あります。

だからこそ、誰に、どのような価値を提供しているのか「業界」を知るとともに、自分としてどのような手段で価値を提供したいのか「職種」を知ること。

その上で「企業」や「社会人」の話を聞くことによって、より具体的な話を理解するといったように、段階を踏んで社会を理解していくことが重要です。

自分への理解を深める

就活では、自己分析という自己を見つめるプロセスを通じて、自分の「強み」「価値観」「やりたいこと」を明確にしていいくことが求められます。

自分の軸がないと企業選びもできないし、面接官からの質問に対して答えられないからです。

自分への理解を深めるにあたっては、まず「経験」を洗い出すこと。人は「経験の積み重ね」によって創られるからです。

そして、その経験から「強み」を見出していく際は、「自分が周囲にどんな影響力を発揮しているか」「よく集団の中で、繰り返している自分の得意な行動」を見つめ内省を深めることで言語化していくのです。

本セミナーの中で「思っていたよりも、自分のことを知れていなかった」という参加者の声にもある通り、是非客観的に自己を見つめることを学生生活の中で考えてもらいたいですね。

その3:残りの学生生活の過ごし方を考える

学生生活の4年間は、なんとなく過ごしているとあっという間に終わってしまいます。

是非、一度立ち止まってこれまでどんな経験を積んできて、どんな学びを得ているのかを振り返ってみてください。

そして残りの学生生活において、「何に時間を使うのか?」改めて考えてもらいたいですね。

学生生活において、夢中になって取り組んだことは必ず将来につながってくるはずです。

逆にいうと、夢中になることもなく「遊ぶためにバイトに取り組み、何となく旅行や遊びに時間を使って終わった」では、大学に通う意味はまるでありません。

是非、学生生活について後悔している人も一定数存在する中で、その貴重な時間を何に使うのかを考えてみてください。

これからの学生生活のヒントに

「やりたいことを見つけるための学生支援メディア」であるキャリアスケッチでは、将来の可能性を広げるきっかけとなる選択肢を知ってもらうために、毎月様々な社会人の方々にインタビューをしております。

また、キャリア面談等も行っているので、学生生活や将来について考えてみたいという方は是非お気軽にご参加ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. リーダーシップは意識高い系が学ぶもの!?1分でわかるリーダーシッ…
  2. もしも、学生団体の幹部が「組織コンサルのプロ」を活用したら
  3. あなたは、何タイプ? 大学生からはじめるリーダーシップ入門
  4. 教育のプロが就活までに伝えたい自己分析の3ステップ〜セミナー内容…
  5. 「SNSの友達の数に意味はない」 元お笑い芸人のコンサルタントが…
  6. 【大学1年生必見】企業から選ばれる学生がやっている、成長するため…
  7. 大学生から知っておきたい、社会や就活で求められる論理的思考力の鍛…
  8. 【5分で学べる】就活や社会で必ず求められるロジカルシンキング入門…

やりたいことを見つける方法

やりたいことを実現する方法

あなたは、何タイプ? 大学生からはじめるリーダーシップ入門

社会に出ると求められる「リーダーシップ」。でも学校では学べない?テストの点数が高い、提出物を〆切…

読んでみる

学んでみる

行ってみる

PAGE TOP