業界のオモテウラ

【金融業界のリアル】トップ営業マンが意識していることは?

今回は、金融業界に転職し生命保険営業のフィールドで活躍している社会人(男性)へのインタビュー。トップ営業として活躍できる理由以外にも「お金に対する考え方」「キャリアに対する考え方」等、非常に勉強になりました。

業界:金融業界(保険)
職種:対個人向けの総合職営業
規模:5,000名以上
年次:9年目

現在、取り組んでいるお仕事について教えて下さい

「お客様がどういった人生を過ごしたいか?」を一緒にイメージを膨らませ、そのために何が必要かを考える。

そして、思い描いていた人生が頓挫してしまわないように、保険を中心とした金融商品を通じてリスクマネジメントしていく、そんな仕事をしています。

一般的に保険営業と聞くと「物売り」のイメージが強いかもしれませんが、私は「サポートしよう」という意識で、お客様の人生コンサルタントとして伴走しています。

実際にお客様とは、週に10名程度方とお会いしてますね。

就業時間tは決められていないので、どれくらい働くかは基本的に自分でコントロールしています。

現在2社目とのことですが、転職した理由を教えて下さい

前職は、某大手でマーケティングの仕事をしていました。

働きやすい環境で、意義のある仕事を楽しんんでいた中で、きっかけはスカウトの電話でした。

もともと手に職をつけたいと思っていたので、プロフェッショナルとして、直接的に人に貢献し続けられる仕事だと思い転職しました。

現在の仕事のやりがいを教えて下さい

直接お客様から「いろいろ教えてくれてありがとう」と感謝されることです。
また、家族や友達にもいえないことを「あなただから、相談できました」と言われる事もすごく嬉しいひと時です。
一生涯ずっと同じお客様を担当し続けられるというのも、「人生を伴走させていただいている」という点で魅力的に感じています。

現在の仕事のしんどいことを教えて下さい

基本的にこの仕事は楽しいんですけど…業界イメージが悪いために、名刺を出した瞬間に「もう保険入ってます」と、人と距離感ができてしまうことがあることです。ちょっと悲しいなと傷つきますよね。

大手企業で働く「良さ」と「悩み」

前職の某大手出版会社の話をすると…「良さ」としては、企業としての信頼性があることですかね。

実際に、誰かと仕事したいと思ったときに、連絡をすれうば取り合ってくれる。これは個人の実力で勝ち取った信頼ではないので、諸刃の剣な特権だと、社会的信頼性があるということは何をするにもメリットだと思います。
「前職の悩み」を共有すると、決裁スピードがとにかく遅いことですかね。

何をするにも、グループリーダーの判子→課長の判子→部長の判子が必要で、本当にスピード感がないんですよ。

これって何の意味があるんだろう…誰のために仕事しているんだっけ…みたいに悩んだ記憶があります。

金融業界を志望する学生へアドバイスをお願いします

金融業業界に向いている人の特徴を考えると、この業界程「人のあり方」が問われる業界はないと思っています。

極論言えばどこの会社も似たり寄ったりですからね。

「お金」には膳悪はなく、結局そこに介在する「人のあり方」が問われますから。

人間性が磨かれると思いますよ。
あとは極論ですけど「就職ランキングに騙されるな」と言いたいですね。「あそこに書かれていることは本当か?」と思います。

基本的に、ノルマ、ノルマに追われているし、楽しそうに仕事をしている人は少ないのではと感じています。

重要なのは、働いている人に話を聞いて、それで目指したと思えたのであれば目指すことだと思います。(表面的な情報に流されると痛い目に会うと思います)

インタビュー後記

単なるノルマ達成や物売りではなく、お客様がどのような欲求を持っているのかを並走して一緒に具体化していく。

営業という仕事をネガティブに捉える学生もおりますが、スタンス一つで成果や楽しみも変わってくるなということを感じます。

私自身、学生時代営業という職種には苦手意識がありましたが、Nさんにお会いしてたら営業の捉え方も変わっていたのかなと感じました…。

キャリアスケッチ 高橋

※他の業界のリアルを知りたい方はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【18卒・19卒必見】社会貢献に直結?就活におけるソーシャルビジ…
  2. 【新卒のリアル】出勤時間・服装・給料まで自分で決める会社に、初の…
  3. 「もっとできたのに…」という後悔をしないために必要な…
  4. 「突然の別れ」が教えてくれた、人生において大切な1つのこと
  5. 【NPOのリアル】「社会を変える仕事」を、20代から本気でやれる…
  6. 周りに合わせる「仮面」をかぶることに、疲れたあなたへ
  7. 「肩書で生きるのはもう辞めよう」大学中退、6年間の芸人生活をへて…
  8. 京大卒から教育系ベンチャーへ就職した新卒が語る「やりたいことの見…

やりたいことを見つける方法

やりたいことを実現する方法

あなたは、何タイプ? 大学生からはじめるリーダーシップ入門

社会に出ると求められる「リーダーシップ」。でも学校では学べない?テストの点数が高い、提出物を〆切…

読んでみる

  1. 目標設定

学んでみる

  1. 読書,記憶

行ってみる

PAGE TOP