今やるべきことを知る

「アルバイト」で貴重な学生生活を消費しない!知っておきたいお金の稼ぎ方

「友達と遊びに行くためのお金」「日々の食費」「趣味のために使いたいお金」……など、大学生はなにかとお金がかかるため、「お金を稼ぐこと」は大学生活を過ごす上で欠かせないことです。そのため、多くの大学生がアルバイトに時間を費やしている現実があります。場合によっては、学生時代に最も時間を費やしたことはアルバイトというケースも少なくありません。

勿論、学生の内からお金を稼ぐ感覚を身につけることは大切なことです。ただ、お金を稼ぐ手段は、アルバイトだけではありません!最近では、学生の内から実際に企業で働く「」にも、給料を払う企業がたくさんあります。

そこで、今回はインターンシップ経験のある大学生伊藤くんに、アルバイトではなく、インターンシップをするメリットについて整理してもらいました。個人的にも、就活の採用面接で「アルバイト」の話ってもうさすがに聞き飽きましたらから、「アルバイト」以外の経験を積んで語ってくれる学生が増えるといいなと願っています。

バイトとインターンどっちがお得!?インターンシップの3つのメリット!

メリット1:実際に企業で働く感覚が身につく

厚生労働省の調査によると、新卒で入った社員の内、約3人に1人は3年以内に会社を辞めてしまうようです。辞めてしまう主な理由は

「労働時間・休日の条件がよくなかった」
「人間関係がよくなかった」
「仕事が自分に合わない」

といったものです。せっかく苦労して内定をもらったのに、上記のような理由で会社を辞めてしまうのはもったいのではないでしょうか?

インターンシップは、店舗業務の多いアルバイトとは違い、実際にオフィス業務を積むことができるため「普段はイメージしにくい職場の雰囲気」「自分に合っている仕事は何か?」といったことを、学生の内から感じることができます。そのため、「社会人になった自分」をリアルにイメージできるようになり、社会に出る上での準備がとてもし易くなります!また、入社後、理想と現実のギャップを感じて会社を辞めてしまう…なんてことの予防にもなります。

メリット2:ビジネススキルを身につけることができる

新卒で入社したとき、同期で入った人とは同じスタートラインに立つと思っている人は多いのではないでしょうか?もちろん、肩書きという面では同じかもしれませんが、スキル面では例え同期入社の人でも差があります。ただなんとなく大学生活を送った人と、社会人になって活躍するために準備をしてきた人のスキルが、同じなわけはないですよね!

そのため、学生の内からインターンシップをして、「働く上で、実際にはどんなスキルが必要なのか?」を感じ、学ぶことは社会人のスタートダッシュをする上でも大切です。

メリット3 学生時代から、自分で考えて行動する習慣が身につく

学校の勉強とは違い、ビジネスの世界では「絶対的な答え」がありません。その中で様々なことを考慮し、最善の手段を選ぶことはとても難しいことですし、勇気がいることです。

そのため、この「自分で考える」「自分で選択する」ことをできる若手社会人は、多くはないようです。特に、日本人だと「自分の考えを否定されたらどうしよう……」と思って、人に言われたことをこなすような人が多いですよね。

ですので、学生という若い内から「自分で考えて、自分で決める習慣」を見につけることができれば、上司から言われたことしかできない人とは大きな差をつけることができます!

まずは、「ノリ」で行動してみる!

いかがだったでしょうか?インターンシップに参加することが有益な体験になり得るということが、少しでも伝わっていたら幸いです!

また、インターンシップをやらない理由に「学校との両立ができなさそう」という声もありますが、安心してください。最低勤務日数が少ない企業もありますし、相談してシフトを柔軟に対応してくれる企業もたくさんあります。

この記事を読んで少しでも興味が沸いたら、先ずはどんなインターンシップがあるのか検索してみてください!深く考えず「ノリ」で行動してみると、意外と大きな学びにつながることもありますよ!

おわりに

複数社で、インターンシップを経験している伊藤くんだからこそ伝えられる内容ですね。「社会人へのマナー」「時間に対する意識」「自ら考えて行動する力」等々、インターンシップという経験を学びに繋げている伊藤くんは、一般的にインターンシップを経験をしていない学生と比較して、一味違うなと感じています。

今回の記事では決して「インターンシップを経験することが正解だよ」ということではありません。お金を稼ぐ方法は、アルバイト以外にもあって、将来自分の財産になる経験は何かということから逆算して、お金を稼ぐ方法を選んだ方が、有意義に学生生活という時間を使えるということです。

現状のアルバイトを続けた先に、自分の明るい未来は見えているのか?一度立ち止まって考えても良いのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 大学1年からボランティアって、ぶっちゃけどうなの!?

    今やるべきことを知る

  2. 「なぜ、ミャンマー?」海外でIT事業を経営する日本人社長に話を聞…

    将来の選択肢を知る

  3. 大学1年生から知るべき、就職活動で必ず聞かれる質問と経験学習理論…

    今やるべきことを知る

  4. 映画「何者」から考える、”就活の3つ憂鬱さ” と ”面接で大切に…

    今やるべきことを知る

  5. 大学では学べない?就活前に意識高い系に差をつける業界研究~商社業…

    将来の選択肢を知る

  6. 「今年、最もリーダーシップを発揮した人」に自分は選ばれないと思っ…

    今やるべきことを知る

  7. 【映像】新卒でNPOに就職した職員の1日とは〜 NPO法人フロー…

    将来の選択肢を知る

  8. 学生起業から新卒で大手商社へ就職!大学生社長が語る学生生活の過ご…

    今やるべきことを知る

やりたいことを見つける方法

やりたいことを実現する方法

あなたは、何タイプ? 大学生からはじめるリーダーシップ入門

社会に出ると求められる「リーダーシップ」。でも学校では学べない?テストの点数が高い、提出物を〆切…

読んでみる

  1. フードコーディネーター

学んでみる

行ってみる

PAGE TOP