ウェブで学んでみる

大学生のうちに習得したい!人生で役立つ「批判的読書」の方法

読書には様々なメリットがあります。本からは知識・情報・教養・楽しみ・興奮・感動など多くのもの得ることができます。

知識・情報・教養は、自分の考えや意見を深めたり、「これからどんな経験を積もうか?」という行動の選択肢をたり、自分の人生の可能性を広げる際にとても役立つものとなります。

また、楽しみ・興奮・感動といったものに触れることで、幸せな気持ちになれたり、やる気が喚起されたりしますよね。

たしかに、「インターネットの普及により、読書以上に効率良く情報を収集できるようになった」といった意見があるのも事実です。ですが、ネットでは情報の正確性が不明瞭だったり、深い内容の情報がなかったり、自分の興味分野以外の情報に触れる機会があまり作られないなど、まだまだ問題点もあります。

勿論インターネットで情報収集することは大切ですし、そのスキルはとても大切なものです。ただ、お伝えしたいこととしては、読書には読書の良さがあるということです。

そこで今回は、「知的複眼思考法 ( 著:苅谷 剛彦 )」に書かれている、本を読む上で大切な「批判的読書」というものをご紹介します!学びを深める読書の方法を知りたい、これからの人生を有意義に過ごしたい、そんな学生は是非ご一読ください。勿論、普段本を読まない学生にも読んでほしい内容となっています。

批判的に読むことで、自分らしい考え方を身につける

批判的読書は、知識、情報、教養、楽しみ、興奮、感動など(とくに知識、情報、教養)を得るための読書とは少し違う読書方法です。たしかに有名な思想家や学者などが書いた本、有名な本を読むと何かわかったような気になります。

特に、難しい本を読み終えたときなどは立派な知識を得た気持ちになりますし、賢くなった気もしますよね。

しかし、知識の需要ということを超えて、本当に自分で考えられるようになるかといえば、なかなかそこまではいかないものです。つまり、考え方に「自分らしさ」がつきにくいのです。

批判的読書は、何かを得ようと思って読む読書ではなく、自分なりに考えて読む読書です。

「批判的」というと何か攻撃的な、はじめから非難するような気持ちで接すると捉えられてしまうかもしませんが、そうではありません。ここでいう批判とは「著者の思考の過程をきちんと吟味しながら読む」ということです。

対等な立場に立って、著者の考える道筋を追体験しながら、自分の思考力を上げて行こうというのが批判的読書です。

「批判的読書」の 4 つのポイント

情報を妄信的に信頼せず、自分の頭で考える練習をする上で、本はとても優秀です。

なぜなら本は自分のペースで情報を得ることができるからです。相手が意見を述べたときに、自分で考える時間をつくることが読書なら簡単にできます。

批判的態度を日常生活でもだせるようになるために、まずは本で練習をしましょう。では、その方法について、そのポイントを 4 つにまとめて書きたいと思います。

1. 読んだことのすべてをそのまま信じたりしない態度

理解不能なところに疑問を感じるような態度が重要なのは言うまでもないことですが、意味が通じた場合でも、わかったつもりにならないで、おかしいと思うところを見つけようとする態度を心がけましょう。

理解不能なのは読解力の低さだけが原因というわけではないですよね。謙虚になりすぎず論理に飛躍がないかないかなどを考え、おかしいと思ったら立ち止まって読み返すようにすることが大切です。

2. 著者のねらいをつかむ

文章を書く人は目的を持っています。著者の狙いがわかれば理解が早くなり、批判のポイントをどこに絞るべきかもわかりやすくなるのです。

3. 論理を追う

批判的読書の神髄はここにあります。論理に飛躍がないか、過度に攻撃的な主張がないか。論理を丹念に追いながら読み、根拠がどれだけあるのかを見極めることが大切です。

統計などのデータや「グローバル化」などの流行の言い回し、難解な術語にだまされず、立ち止まって考えられるようしましょう

4. 著者の前提を知る

著者が知らず知らずのうちに文章に忍びこませているものはなにか?著者が直接書かずに与えている印象と、実際に書いてある事柄を区別して読み取ることが大切です。そしてその前提は本当に正しいのかを考えられるようにしましょう。

おわりに

いきなり全てを実践することは難しいと思うので、一つ一つポイントを思い出しながら挑戦してみてください!

本からの学びをより記憶に残したい方は「読んだら忘れられない読書術」もどうぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 自己分析や診断ツールを使っても「何かしっくりこない」3つの理由

    今やるべきことを知る

  2. 2017年)新規事業・企画職を志望する大学生は参加しておきたい、…

    今やるべきことを知る

  3. 気になる育児と仕事の両立…就活において女性が「働きやすい」会社の…

    将来の選択肢を知る

  4. 就活の悩み「やりたいことがわからない」を解決するために大学生が経…

    今やるべきことを知る

  5. 【大手とベンチャーの違い】大手の方が安定は本当?リアルな実態を聞…

    将来の選択肢を知る

  6. 目標設定 「新年の抱負を無駄にしない!」目標達成するために大切な2つのコツ…

    今やるべきことを知る

  7. 大学では学べない?就活前に意識高い系に差をつける業界研究~商社業…

    将来の選択肢を知る

  8. アイセックインターンシップ 学生団体アイセックが手がける海外インターン“NOTE”に込められ…

    今やるべきことを知る

やりたいことを見つける方法

やりたいことを実現する方法

あなたは、何タイプ? 大学生からはじめるリーダーシップ入門

社会に出ると求められる「リーダーシップ」。でも学校では学べない?テストの点数が高い、提出物を〆切…

読んでみる

  1. アイセックインターン
  2. アイセックインターンシップ
  3. フードコーディネーター

学んでみる

  1. 20卒就活

行ってみる

  1. 職業体験の企画
PAGE TOP