今やるべきことを知る

普通の大学生の私が、リーダーシップを学んで気づいた大切な1つのこと

多くの企業の中でリーダーシップは、リーダーだけに求められる特別なスキルではありません。新入社員からリーダーシップを学ぶ時代へと変化しているのです。大学教育においても、大学1年生からリーダーシップ学ぶ機会を提供している大学もあります。

大学・企業向けにリーダーシップ開発の支援を行う、キャリアスケッチ主催のリーダーシップ実践講座5期。2日間の導入プログラムを終えた、明星大学のTさんに「大学生がリーダーシップを学ぶ意義」についてまとめていただきました。

大学生がリーダーシップを学ぶ意義とは?

結論からお伝えすると、私は「社会での自分の役割を確立すること」だと思います。そもそも「」という言葉について、みなさんはどのようなイメージがありますか?

多くがグループや組織を引っ張っていくこと、上に立つ人ということを思い浮かべると思います。私も「リーダーではないのに、リーダーシップを学ぶと言われてもしっくりこない」そう思っていました。

それは「リーダー」という言葉がついているからでしょう。しかし、「リーダーシップ」は誰しも持っているもの。そう聞くと学ぶ必要があるのではないか…と思えるのではないでしょうか。

そもそも、リーダーシップとは?

そもそも「リーダーシップ」とは何でしょう。先ほど書きましたように、「リーダーシップ」は皆が持っているものです。なぜかというと『リーダーシップ=他者に影響を与えるもの』だからです。

ですので、影響を与えられればなんでも「リーダーシップ」と言えるのです。例えば、グループ討の場での雰囲気を変えた、自分の好きなものを他者も好きになってくれた、等色々あります。皆さんも他者に対して影響を与えたり、与えられたりしたことがあるはずです。「リーダーシップ」と一言で言うと難しく聞こえますが、実はとても身近なものなのです。

講座のテーマである、自分らしいリーダーシップの見つけ方

ここまでの話を整理すると「リーダーシップ」は人の数だけあるという事になります。十人十色です。なぜなら人それぞれ他者に与える影響は人によって異なるからです。しかし「あなたらしいリーダーシップ発揮スタイルは何ですか?」と問われても、すぐには答えられないのが現実ですよね。ここからはその見つけ方について、簡単にお伝えしたいと思います。

1.自己理解を深めていく

表現が固くなってしまいますが…「自分らしいリーダーシップ」を理解するためには、そもそも「自分」とは何者なのかを考える必要があると思います。

理由は簡単で、「自分らしいリーダーシップ」は、過去の経験に基づきできてくるからです。自分の経験や生い立ちを振り返ることで自己理解していきます。更に、それを他者に話して、「Tさんらしさって○○だよね」と他者からの意見をもらうことで、自己理解を深めます。

文字だけでは伝わりにくいかと思いますが、そうすることで、自分にしかないものが見えてくるはずです。自分にしかないものはすなわち、他人にとって影響となります。

2.「強み」と「弱み」を言語化する

自己理解が深まってくると、自分の得意不得意、できる事とできない事などが見えてきます。すなわち「強み」と「弱み」です。「強み」を伸ばし、「弱み」を改善すれば自分の大きな成長となります。

今回の講座では、プロの社会人の視点から「アセスメントレポート」をもらいました。一般的な新入社員のリーダーシップレベルと比較して、自分のリーダーシップの強みと弱みが、数字とコメントで分析されており、理解がより深まりました。

「強み」は自分だけのものであり他人にはないものなので、すでに他者に影響を与えられていることは、「自分らしいリーダーシップ」の起点になる可能性があります。「弱み」を理解する事によって「リーダーシップ」の幅が広がり、より良いものにすることができると思います。

3.ビジョンを考える

ビジョンとは、自分の目指したい将来像です。ただ漠然とリーダーシップを発揮しても意味はありませんよね?目指すものがあるからこそ、リーダーシップを発揮する意欲も湧いてくる。ただ、難しいんですけどね…

大学生がリーダーシップを学ぶことは、就職活動にも役立つ?

「リーダーシップ」を学ぶことは、自己理解がより一層深まりますよね。それにより、就職活動の履歴書や自己PRなどが書けると思います。また、自分のできることや目指したいことを言葉にしていくので、「社会での自分の役割」が見えてきます。

社会に出てから慌てて習得するのは難しそうですし、就職活動に後悔を残しそうですよね。大学生のうちにゆっくりと自分と向き合い「自分らしいリーダーシップ」を学ぶ事が大切だと思います。

おわりに

キャリアスケッチとして、やりたいことを実現するには、必ずリーダーシップが必要だと考えています。そして、そのリーダーシップは学ぶタイミングが早ければ早い程、より強固なものになりますし、社会人としてのスタートダッシュが切れるものと考えています。「自分らしいリーダーシップとはなんだろう…」まずはそんな問いを自分にしてみてはいかがでしょうか…

WEBでもリーダーシップを無料で学べるようにまとめていますので、興味のある方は是非。https://career-sketch.com/learn/5.html

キャリアスケッチ・高橋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【教育業界のリアル】 新卒で就職して3年間「教育」という仕事に携…

    将来の選択肢を知る

  2. 採用面接で「成長したい」と前のめりな就活生に考えてもらいたい2つ…

    今やるべきことを知る

  3. 【20卒】18卒就活生が語る、サマーインターンに参加するメリット…

    今やるべきことを知る

  4. 【映像】新卒でNPOに就職した職員の1日とは〜 NPO法人フロー…

    将来の選択肢を知る

  5. 初めての海外は短期留学がベスト?海外初心者にオススメな短期留学と…

    今やるべきことを知る

  6. 【体験談】NPOでのインターンシップ経験は、大学生の将来にどんな…

    今やるべきことを知る

  7. 離職率の高い業界はブラックか?就活生が知っておくべき早期離職の5…

    将来の選択肢を知る

  8. 【インフラ業界のリアル】就職すれば安定は、ただの誤解!?

    将来の選択肢を知る

やりたいことを見つける方法

やりたいことを実現する方法

あなたは、何タイプ? 大学生からはじめるリーダーシップ入門

社会に出ると求められる「リーダーシップ」。でも学校では学べない?テストの点数が高い、提出物を〆切…

読んでみる

  1. フードコーディネーター

学んでみる

  1. ハタチのトビラ

行ってみる

PAGE TOP