将来の選択肢を知る

【福祉業界のリアル】就職後、社会貢献とビジネスの狭間で揺れる新卒2年目社員の将来は…

本日は、教育や福祉に関するビジネス展開により急成長中の企業で働く2年目社員(男性)へのインタビューです。

発達が気になるお子様向けの個別教育サービスを提供している教室で働く中で、「やりがい」を感じつつも、その裏には「サービスの質」「急成長企業の課題」「自身の成長」等々様々な葛藤があるようです。

業界:福祉業界
職種:施設職員
年次:新卒2年目

そもそもなぜこの福祉業界を志望したのですか?

もともと就活をはじめるにあたって、「教育」や「ソーシャルビジネス」という領域に興味がありました。そんな時、たまたま就活サイトで発見して受けてみたのがきっかけですね…

選考を進んでいく中で、会社としての勢いを感じましたし、社員の人と共感できる部分が多かったので惹かれていきました。

新卒で福祉業界に就職するにあたっての不安は特になかったですね。

新卒で入社して2年。現在のお仕事内容は?

福祉業界の中でも珍しいのですが、会社として複数の事業を展開している中で、私は、発達が気になるお子様向けの個別教育サービスを提供している教室で働いています。

具体的な対象としては、「コミュニケーション」や「言語」等々に成長課題を感じている未就学児童(0歳~小学校入学前)。

「親御様のご希望」と「お子様の課題」を踏まえて支援計画を作成し、親御様の希望日に合わせて教育サービスを提供しています。

支援計画は「どんなスキルを身につけたら、お子様が生きやすくなるか?」そんな問いと向き合う中で作成します。

お仕事のやりがいは?

お子様の成長や親御様の声から、お客様のニーズに貢献している実感を得られることです。言葉が不明瞭なお子様も、舌の動かし方を学べば話せるようになります。

日々の小さな成長を間近で見れるのは、やりがいに繋がりますね。

後は、親御様から「子育てにおいて、このような教室があってよかったです」そんな言葉を頂いた時は嬉しいですね。

子供はめちゃくちゃ可愛いので、毎日エネルギーをもらっていますよ!!

経験がない中で、入社して未就学児童に教育できるものなのですか?

基礎的なことは、就職した後に受講する3ヶ月の新卒研修にて学んでいきます。

後は、独学で勉強したり、経験者の方々に聞いたり、日々学んでいく中でスキルは身についていきます。

ただ、実際現場では、年齢が若いこともあってか親御様に「大丈夫ですか?」と不安を感じさせてしまうことはありますね。

福祉業界と聞くとハードなイメージもありますが…働く中で、しんどいことは?

親御様と支援計画を合意する過程には葛藤がありますね。

親御様自身が、お子様の成長スピードを受け止められていないケースでは、過度な成長をお子様や我々に期待してくることもあります。その調整にはエネルギーを使いますね…

社会貢献とビジネスのジレンマみたいなものもありますか?

「お子様に対して、良質な教育サービスを提供できているのか?」日々葛藤ですね。教室の売上、教室の受入人数、お子様の支援計画等々、国から定められた制約があります。

そんな制約の中でも、ニーズはあるので制約の限界までお子様を受け入れていますし、限界がくるので拠点が増え続けていますから…

新卒で就職して約2年間。学んだことは?

親御様、お子様、会社メンバー、様々な人と接する中で、個々に合わせた対応力みたいなものは身につきました。

あとは、「親子関係」等専門的な知識もかなり身につきました。最近では、チームを創っていくマネジメントスキルは、まだまだだと課題を感じれたことも1つの学びですね。

ただ、誰かに育ててもらったという感覚は少ないですし、「自己成長」という観点では、危機意識を持っています。

拡大フェーズの企業で働く中で感じることは?

福祉業界は社会貢献のイメージが強い中で、需要があっても事業を多角化している会社は多くはないと思います。

ただその中で急成長していますから、将来性として、新規事業が広がっていく面白さはあると思います。

一方で、配置換えや、人の入れ替えには疑問を感じます。今いる教室に約1年以上いますが、スタッフがどんどん変わっていく様子は見てきました。お客様(親御様・お子様)からすると不信感が生まれてしまいますよね…

あとは中途の人がたくさん入ってきますが自分とは仕事に対する違う価値観の人も多いなと思いました。仕事をしていく中で、気持よくないことも多々あります

その葛藤の中で、今後はどうしていきたい?

現状のままでは、ビジネスパーソンとしての成長に悩みを感じています。近い将来、マネジメントのポジションに上がるか、他の部署へ移動したいですね。

なんとなくマンネリ化している部分もあるので、なんとか脱却していきたいです。

ただ、そんな中でも目の前のお子様は大切にしたいですよ。

率直にありがとうございます。最後に、大学生・就活生へのアドバイスをお願いします

最近「社会貢献」「ソーシャルビジネス」という言葉が一人歩きしていますが、現場では地道なことができるのかはすごく大切です。

華やかさの裏には、地道な一人ひとりの努力がありますからね。

あとは「株式会社」で働くにあたっての自覚を持って欲しいです。

単なる社会貢献だけではなく、あくまでビジネスという視点が現場では求められますからね。

新卒という立場関係なく、福祉業界へ飛び込む際は、そんな志を持って入社して欲しいです。

―インタビュー後記

福祉業界と聞くと、皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか?

「福祉という社会貢献」「将来の動向として需要がある」というポジティブな見方もあれば、「給料が安い、稼げない」「現場の仕事がハード」等ネガティブな見方もあるかと思います。

ただ、その実態はリアルに見てみないと、見えてこないものです。

今回インタビューさせていただいた彼の場合は、拡大フェーズの企業で働くことの難しさを感じつつ、とはいえ自分の「したい」は見失わずに働いている。

そんな姿に頼もしいなと感じたインタビューでした。

「自己成長」と「お客様への価値」、「自分の大切にしたい価値観」と「組織の事情」、様々な葛藤の中で諦めることは簡単です。

そんな葛藤を、自分の「したい」を見失わずに乗り越えた先にビジネスパーソンの成長があるのかなと思います。

また一回り大きくなった彼にお会いできる日を楽しみに、私自身も精進していきたいなと感じました…

キャリアスケッチ 高橋

※他の業界のリアルを知りたい方はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 無意識に過ごす「普通の大学生活」は就活を失敗に導く?

    今やるべきことを知る

  2. サークルでは何か物足りない新入生へ「学生団体で得られる2つのこと…

    今やるべきことを知る

  3. 後悔はしたくないけど、大学生活に「変わるきっかけがない」という落…

    今やるべきことを知る

  4. 女子就活生の私が感じる、長期インターンの経験が就活に役立つ3つの…

    今やるべきことを知る

  5. 「肩書で生きるのはもう辞めよう」大学中退、6年間の芸人生活をへて…

    今やるべきことを知る

  6. 就活生になる前に知っておきたい、企業で「やりたいこと」をやるとき…

    今やるべきことを知る

  7. 【20卒】大学1~2年生のインターン探しに適したインターンシップ…

    今やるべきことを知る

  8. 【金融業界のリアル】「大手企業に就職すれば安定は、本当か?」メガ…

    将来の選択肢を知る

やりたいことを見つける方法

やりたいことを実現する方法

あなたは、何タイプ? 大学生からはじめるリーダーシップ入門

社会に出ると求められる「リーダーシップ」。でも学校では学べない?テストの点数が高い、提出物を〆切…

読んでみる

  1. アイセックインターン
  2. アイセックインターンシップ
  3. フードコーディネーター

学んでみる

  1. 20卒就活

行ってみる

  1. 職業体験の企画
PAGE TOP