今やるべきことを知る

自己分析や診断ツールを使っても「何かしっくりこない」3つの理由

【 自分のやりたいことって何だろう?自分ビジョンの創り方! 】 と題して、先日、某大学でセミナーを実施致しました。セミナー参加者の声を聞くと、大学1〜2年生は「やりたいことがありすぎて、何をやりたいかが定まらない」という悩みが多く、3年生は「就活に向けて、将来やりたいことがわからない」という悩みが多かったです。

「自分のことなのに、自分のことがわからない…」本日は、そんな悩みに対するヒントをお伝えできればと思います。

「内省力」が鍛えらておらず、自分を深く見つめられない

「内省する」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?反省は、自分の出来ていないことを後悔することですが、内省とは自分の感情や言動を深く見つめることです。もう少しシンプルな言葉にすると「気づき力」と言えるでしょう。

例えば、「過去の頑張った経験を掘り下げる」というワークをしても内省力によって「気づき」の差が生まれます。内省力の低い人は「自分が塾講師を頑張れたのは、生徒の成長を見ることが好きだからだ!」「でも待てよ。教育関係の仕事はしたくないなあ…」と思考が止まってしまいます。

内省力の高い人は、「生徒の成長を見ることって、本当に嬉しいと感じているのかな?」「塾長に褒められることが、嬉しかったような…」「自分が頑張っているのは、誰かに認められたいからかな?」等々と自分に問いを投げて、気づき深めていきます。

結果的にこの人は、幼少期にあまり親に褒めらた経験が少なく、「無理してでも、誰かに褒められるまで頑張る」という行動パターンをこれまで繰り返していたことに気づいたようです。

”優れたリーダーは、なぜ「立ち止まる」のか”という著書もあるように、社会人においても「内省力」は重要です。まずは、日記等で自分を振り返ること、振り返りの中で「なぜ?」「どうして?」と自分に問いを投げることから初めてみてください。

「あなたは営業にむいています」と言われても…診断でみえるのは、あくまで自分の一部。

診断をやっても「何かしっくりこない」なんてこともありますよね。いろんな診断がありますが、そもそも診断結果で「営業」がむいていると言われても、やってもないのにその職業が自分にむいているかなんてわからないですよね。業界や職種についての理解が乏しい状況の中でいくら適職診断をやっても納得感は得られません。

ちなみに、先日お会いしたバリバリの営業マンの方の学生時代の適性は「研究者」だったようです。人の可能性は、診断だけで測るのは難しいのかもしれません。

また、突然ですが「あなたの原体験は何ですか?」と問われた時に、あなたは即答できますか?(原体験=自分の考えや価値観に影響を与えた経験)

診断によって、「●●型」「●●タイプ」のように自分の特徴が見えてくるものもありますが、その特徴を裏付ける自分の原体験まではわからないのです。「何かしっくりこない」というのは、その特徴を裏付ける経験まではわからないというのも理由の一つですね。

自分探しの旅は、学生生活だけでは完結しない

キャリアスケッチでは「やりたいことを仕事にしている社会人」に定期的にインタビューをしています。実際、学生時代の頃に自分と向き合って「やりたいこと」を明確にした人もいれば、仕事を通じた様々な経験や出会いの中で「自分のやりたいことはこれだ!」と気づく人もいます。

以下のインタビュー記事の方は、入社して仕事をする中で「人に直接的にかかわることが好きだ」ということに気づいたようです。実際、自分で経験をすることで「これは好き」「これは嫌い」「あの職業に興味がある」「あの職業に、興味はわかない」という判断軸が見えてきます。

当たり前ではありますが、人は「経験」によって創られます。就活生によくある悩の一つに「自己アピールする経験がない」ということがありますが、大学3年生からでも遅くありません。なんとなく過ごしているのであれば、とにかく気になることはやってみましょう。

「何かしっくりこない…」でも焦らないことが重要です。自分探しの旅はまだまだ長いので…

改めて立ち返って考えたい、自己分析の目的

自己分析をやっても「なんかしっくりこない」という理由は見えてきたでしょうか?改めて自己分析に取り組みたい方は、目的に立ち返る等、自分に合ったやり方を模索してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 大学では学べない?就活前に意識高い系に差をつける業界研究~人材業…

    将来の選択肢を知る

  2. ミャンマーで2ヵ月海外インターンに参加した大学生が感じた「成長」…

    今やるべきことを知る

  3. 【20卒】普通の就活は嫌?早期に知りたい「大手企業に就職する」以…

    将来の選択肢を知る

  4. 間違った大学休学は1年間を棒に振る?経験者が語る休学を100倍充…

    今やるべきことを知る

  5. 「就活に挫折経験は必要?」議員秘書→民間企業への就職→起業を経て…

    将来の選択肢を知る

  6. 大学時代から誰でもはじめられる、自分らしいリーダーシップを磨くた…

    今やるべきことを知る

  7. 【体験談】NPOでのインターンシップ経験は、大学生の将来にどんな…

    今やるべきことを知る

  8. バイトにおいて「時給」という考え方に慣れることの怖さ

    今やるべきことを知る

やりたいことを見つける方法

やりたいことを実現する方法

あなたは、何タイプ? 大学生からはじめるリーダーシップ入門

社会に出ると求められる「リーダーシップ」。でも学校では学べない?テストの点数が高い、提出物を〆切…

読んでみる

  1. アイセックインターン
  2. アイセックインターンシップ
  3. フードコーディネーター

学んでみる

  1. 20卒就活

行ってみる

  1. 職業体験の企画
PAGE TOP