今やるべきことを知る

大学2・3年生必見!「インターンシップにデメリットはないのか?」 について考えてみた

インターンシップに潜むデメリットとは?

「インターンシップはやっておいた方が良い!」

大学生であれば、このような意見は何度か聞いたことがあるかと思います。

実際、大学生のうちから企業で働く経験を積むインターンシップは、就活はもちろんそれ以降の人生においても役に立つことは多いかと思います。(以前、インターンシップのメリットをご紹介しております)

しかし、何事にもメリットがあればデメリットもありますよね?

そこで今回は「インターンシップをする際に気をつけて欲しいこと」について書いていこうと思います。

「インターンやってみたけど、イメージと違った…」なんてことにならないように、本記事を参考にインターンシップにはどのようなデメリットがあるのかも考えていただければ幸いです!

インターンシップをする際に気をつけるべき3つのこと

1.必ずしも就活で役立つとは限らない

インターンシップを行う一番の理由は「就活で役立つから」というものだと思います。

もちろん長期間一緒に働くことで、面接などではなかなか表現できない部分も企業に知ってもらえるため、就活に有利に働くことはあるでしょう。

しかし気をつけるべきことは「長期間一緒にいると言うことは、悪い部分も目につきやすくなる」ということです。

つまり、インターンシップの経験が、実は就活において不利に働くかもしれないというデメリットがあるのです。

私の学生時代の経験でいうと「インターンに参加したら就活に有利になる」を理由に、インターンに参加することをゴールにしている人がいました。

当然、大切なのは参加することではなく、参加している中で何をするかなので、上記のようなモチベーションでインターンをした彼は、就活でその企業に落とされてしまいました。

ですので、「インターンシップに参加したら、その企業できちんと自分のバリューを発揮することに全力を注ぐ」ということを是非意識して欲しいです。

そうすれば、インターンシップに参加した企業の就活に役立つのはもちろん、他の企業の選考を受けた際にも「頑張った経験」を語る際に武器になると思います!

2.イメージ通りの業務ばかりではない

「社会人になった時に役立つビジネススキルを身につけたい」

上記のような「成長」を理由にインターンシップをする人も多いのではないでしょうか?

私も実際に企業で様々な業務を経験できるので、当然飲食店などでアルバイトをするよりは成長できると思います。

ただ、企業もボランティアでインターン生を雇うわけではありません。

時間の融通が効きづらく、責任感もなかなか醸成されにくい学生を、正社員と同じように接するわけにはいかないですよね?

そのため、最初の数ヶ月〜半年くらいは誰にでもできそうな作業しか与えてくれない企業も多いです。(その業務をきちんとこなせると評価されると、裁量の大きなことも任せてもらえるようになったりもします)

ですので、企業を選ぶ際には「どのような業務を任せてもらえるか?」を意識すると良いと思います。ネットで調べればでてくる企業もありますし、面接の場で直接聞いてみるのも良いでしょう。

自分のやりたいことと、企業がやらせてくれることが一致していれば、インターンシップは最高の成長の場になります!

3.自分の時間を確保しづらくなる

「平日3日以上、1日6〜8時間労働」

長期インターンシップの場合、労働時間は上記のようになることが一般的です。

つまり、平日は学校+インターンシップでほとんどの時間がなくなってしまうということです。

そしてある程度の責任を持たされることもあるインターンシップでは、そう簡単に休んだりもできません。(もちろんとてもホワイトな労働環境の企業もあるので、一部そういう企業があると解釈してください)

「大学時代は遊んだり、思い出を作ったりする時間」…とまでは言わないですが、大学生だからこそやっておくべきことはたくさんあると思います。

ですので、インターンシップをする際は「自分の大学生活でやっておきたいことは何か?」という自分の正直な気持ちを考えておくことが大切です。

「みんながやっているから」を理由にインターンシップを始めてしまうと、「大学時代にもっと◯◯をしておけば良かった..」という後悔をしてしまいますよ!

デメリットを把握して、インターンシップを有効活用しよう

長々と書いてきましたが私個人の考えでは、やっぱりインターンシップに参加することはとても有意義であると思います。

要は「どのような目的・態度でインターンシップに臨むか?」が大切だということです。

ですので、これからインターンシップに参加しようと思っている人は以下の3つを意識するとよいと思います。

  1. 「なぜインターンシップをするのか?」という目的を明確にする
  2. その目的を達成する上で最善となる企業を選択する
  3. 業務を遂行しながら、定期的に振り返りを行い成長につなげる

そうすれば、きっと良い成長機会になり、社会人生活や就活にも役立ちますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 「希望」は、不安な未来に立ち向かうために必要な物語り

    今やるべきことを知る

  2. 自己分析で”強み”や”弱み”を知るために、学生時代に読みたい本は…

    今やるべきことを知る

  3. 【19卒・20卒】学生ライターのインターンで“学べること”と“大…

    今やるべきことを知る

  4. 金融業界のトップ営業マンが語る。やりたいことを見つけたきっかけ

    今やるべきことを知る

  5. 文系学生はプログラミングを学ぶべき? 大学生のスキルアップについ…

    今やるべきことを知る

  6. 19卒の人が就活に向けて成長するために、今からやっておくべき3つ…

    今やるべきことを知る

  7. 「私は何者なのか?」という問いからリーダーシップがはじまる

    今やるべきことを知る

  8. 採用面接で「成長したい」と前のめりな就活生に考えてもらいたい2つ…

    今やるべきことを知る

やりたいことを見つける方法

やりたいことを実現する方法

あなたは、何タイプ? 大学生からはじめるリーダーシップ入門

社会に出ると求められる「リーダーシップ」。でも学校では学べない?テストの点数が高い、提出物を〆切…

読んでみる

  1. フードコーディネーター

学んでみる

  1. ハタチのトビラ

行ってみる

PAGE TOP