今やるべきことを知る

【20卒・21卒】就活で自己PRを「盛る」のは、就活生だけではない現実

入社ギャップ

就活は、狐と狸の化かし合い?

「自己PRする経験がない…」そんな悩みを持つ就活生は少なくありません。

その中で「サークルでサブリーダーとして、サークルの所属人数を増やすことに貢献しました」「アルバイトリーダーとして、バイトの集客に貢献しました」等々…

就活生が自己PRをするにあたって話を「盛る」ということが話題になっていました。

これは最近はじまったことではないので「今更何を…」という気もします。

自己PRを「盛る」ということは確かにいいことではありませんが、就活生だけが責めらるだけでいいのか?というと疑問です。

企業も自社PRを「盛る」就活の現実

「風通しが良いって、本当なのか?」「あの企業は“自社のいいところ”しか語らない」「事業は魅力的だけれど、実際の新入社員が担当する仕事のイメージが湧かない」等々…

就活生から、話を「盛る」企業に対する不満は毎年あることです。

「どうせ説明会には一部の活躍している社員しかアサインされないんでしょ?」と薄々気づいている就活生も少なくありません。

そうです…企業側も必死なのです。

「事業は伸びていても、人が辞めていく」「現場の労働時間は、実際毎日残業がある…」「新規事業に携われるのは、ほんの一部の社員」

企業としては、全ての実情を正直に語ってしまうと「選考受けてくれる人が減ってしまう」「どんな噂を流されるかわからないから不安」「信頼していいのかわからない相手に、会社の重要な情報開示するには抵抗がある…」という不安があるのが本音のところです…

なくなることのない“入社後ギャップ”

入社ギャップとは、入社時に掲げていた働くイメージと入社後の現実とのギャプのことです。

「希望の配属と違う」「こんなに残業があると思わなかった」等、マイナスのギャップを感じ悩んで悶々と過ごす新入社員は毎年少なからずいるものです。

VORKERSの調査によると「仕事の内容や配属について」「組織の特徴や風土について」という順に入社後ギャップを感じる新入社員が多いという結果が出ています。

採用説明会にて「仕事のやりがい」を語っている先輩も多いかと思いますが、責任ある仕事をいきなり新入社員に任せたいと思う企業はほとんどないですし…

人事の「配属はなるべく希望に沿うように…」という言葉も半年経過すれば組織の状況も変わるわけで、100%希望に応えるのは難しいのが実情です。

組織の風土についても「会社の雰囲気が良かったから」「●●さんに惹かれたから」なんて、雰囲気や人を軸に入社の意思決定をする方もいますが、人事や採用に相当力を入れている企業を除くと、部門や部門を統括するマネジャーによって雰囲気は変わります。

就活生が「惹かれる社員」も人事が選抜した組織のほんの一握りのエース社員なのです…

企業の採用担当としては、就活生を騙そうとしている訳ではないですが、入社してもらうためにも魅力を伝えるために断片的な情報開示や「盛る」自社PRになってしまうのです…

自社PRを「盛る」企業とどう向き合うのか?

1.入社後ギャップはあって当たり前という前提に立つ

そもそも、自分の希望を全て満たす企業(環境)なんて存在しないと思った方が良よいでしょう…

企業が存在する目的は「社員の誰もが満足する環境を提供すること」ではありません。「譲れないMissionや掲げたVisionを実現すること」をはじめ、顧客に価値を提供することが目的であり重要なのです。

一人ひとりの就活生の希望を全てを満たす企業なんて存在しないのです。また、企業も努力はしていますが、企業の実情を0~100まで伝えることは非常に難しいのです。

2.何が譲れないのか、企業選びの軸を明確にする

「成果を出せば、新たなチャレンジができるのか?」「新卒社員はどのような経験を積んでいるのか?」等々、自分にとって「ここだけは譲れない」という軸を持つことは重要です。

そしてその軸も「成長できる環境」なんていう曖昧な軸では意味がありません。

「あなたにとって成長とは何なのか?」

成長できる環境とは「新卒時代の経験の質」なのか「役職が任される年次」なのか、より具体的にしておくことが重要です。

狐と狸の化かし合いとなる就活も、最後は決断が求められる

説明会や選考における企業の情報開示について、何らかの不満を感じる就活生は少なくありません。

ただ、そんな状況下でもどんなキャリアに進むのか決断が求められます。

決断は漢字のごとく、決めて断つということです。

企業選びは「決めること」も重要ですが、同時に「断つこと」も重要です。「断つこと」は、ここだけ満たされればOKで、あとは環境に合わせて変化するという覚悟を持つということです。

難しいことかもしれませんが、自分なりの軸を磨いて覚悟を持って就活を終えられる就活生が増えることを祈っております…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【IT業界のリアル】文系卒でも大丈夫?エンジニア職に本当に必要な…

    将来の選択肢を知る

  2. 先輩風強風警報!大学新入生が聞き流しておくべき、先輩からのアドバ…

    今やるべきことを知る

  3. 【テレビ業界のリアル】就職後、ADを経てディレクターへ!自分の色…

    将来の選択肢を知る

  4. 【大手メーカーのリアル】安定の業界に就職する際に、覚悟するべき3…

    将来の選択肢を知る

  5. 「学生団体の経験は就活や将来に活きるのか?」 学生団体を辞めて感…

    今やるべきことを知る

  6. 学生起業から新卒で大手商社へ就職!大学生社長が語る学生生活の過ご…

    今やるべきことを知る

  7. 20卒の学生が、今からできる「就活の準備」と「得られるメリット」…

    今やるべきことを知る

  8. 後悔はしたくないけど、大学生活に「変わるきっかけがない」という落…

    今やるべきことを知る

やりたいことを見つける方法

やりたいことを実現する方法

あなたは、何タイプ? 大学生からはじめるリーダーシップ入門

社会に出ると求められる「リーダーシップ」。でも学校では学べない?テストの点数が高い、提出物を〆切…

読んでみる

  1. アイセックインターン
  2. アイセックインターンシップ
  3. フードコーディネーター

学んでみる

行ってみる

  1. 職業体験の企画
PAGE TOP