今やるべきことを知る

【19卒・20卒】なぜ、就活の準備を直前に行うと人生に後悔をもたらすのか?

就活の準備を直前に行うと、後悔が残ってしまう

キャリアスケッチでは、就活を控えた大学2年生〜3年生に対して「就活スタートアップセミナー〜将来に向けて今からやるべき3つのコト〜」と題して、社会や自分について考える「学びの場」を提供しています。

…開催はするのですが、/20卒の方の中には「就活なんて1年〜2年先の話じゃん!なんで今からセミナーなんてするの?」「大学4年生になってからで十分」と感じている人も多いのではないでしょうか?

たしかに19卒の方にとって、就活が本格的に始まるのは約1年後、20卒は2年後です。

では、なぜキャリアスケッチは19卒/20卒の方向けに「今」セミナーをするのでしょうか?

その答えはとても単純で「直前になって就活の準備を始めても、その後の人生に後悔を残してしまう可能性が高いから」です。

では、なぜ就活の準備を直前に行うと後悔が残るのか?今回は「就活準備を直前に行うと後悔が残る理由」について考えていきたいと思います!

就活準備を直前に行うと後悔が残る3つの理由

1.そもそも語るべき経験を積んでいないと、面接で何も喋れないから

キャリアスケッチでは何度か触れていることですが、「大学生活で自信を持って語れる経験がなければ、面接で何も喋れない」ということです。

「大学生活で最も頑張った経験は?」
「その経験からどのような学びを得たか?」
「大学生活の中で挫折経験はありますか?」

これらはいずれも、エントリーシートや面接で聞かれる鉄板の質問です。そして「何かに本気で取り組んだ経験」がなければ語ることのできない質問です。

つまり就活直前にESで書くことを考えたり、面接で喋ることを考えても、あらかじめ経験を積んでおかなければ何も語れないということになってしまいます。

また、そもそも企業側はなぜ学生にこのような質問をするかと言えば「本気で何かに取り組んだ経験がある学生は、自分たちの企業に入って後にも主体的に行動してくれる可能性が高い」と考えているためです。

これは言い換えると「本気で何かに取り組んだ経験を持たない学生は、社会で活躍できない可能性が高い」とも言えます。

「就活の際に語る経験がなくなる」「そもそも社会で活躍できない人材になってしまう」という二つの観点から、学生のうちに何かに本気で取り組めるようなことを見つけ、実際に行動に移すことが重要です。

2.100を超える業界と万単位で企業が存在する

就活がはじまると、就活生は「自分に一番合っている業界や企業はどこか?」を本気で考えることになります。

しかし、その選択肢は膨大です。日本には100を超える業界があり、万単位で企業が存在するため選ぶのも一苦労です。

実際、就活が始まってからでは「自分が本当にやりたい仕事」「就職したい企業」を絞りきることは難しいです。

「なんとなく有名な企業」「とりあえず内定をもらった企業」では、就職後にもっと「就活を真剣に取り組めばよかった」と後悔してしまいます。

ですので、今のうちから「自分はどんなことをしていると幸せを感じるか?」「どんな価値を社会に提供したいか?」といったことを考える習慣が必要になります。

※業界を絞る時コツはこちらの記事を参考にしてください

3.中途半端な自己分析が、社会に出てからの後悔を生む

弊社は「人材育成」を主軸においている企業ですので、様々な企業に対して「研修」を実施する機会が多々あります。

その中で「仕事がつまらない…」「この会社でやりたいことがわからない…」という言葉を耳にすることは少なくありません。

このように思っているのは「就活は失敗したと感じている人」だけではなく、「第一志望の企業に入社できた人」「誰もが知る大手企業に入った人」も同じようなことを思っていることもあります。。

では、なぜこのような後悔をしてしまうのか?それは「就活の時に定めた自分の軸が曖昧だったから」ということが最も大きな理由です。

曖昧な軸で企業選びをすると社会人になってから「働いている意味」がわからなくなってしまい、後悔してしまうのです。

もちろん今は転職することが一般的になりつつあるため、社会人になってから「本気でやりたい仕事」を見つけ、それが実現できる企業に転職することは不可能ではありません。

ただ、どうせ後悔すると分かっているなら、学生のうちからきちんと自己分析をして、会社選びの軸を明確にしておいた方が良いですよね?

時間に余裕がある大学生のうちに、自分と向き合い、自分なりの軸を明確にしていくことが大切です。

後悔しないための一歩を!

なんとなく、就活前に少しずつでも将来を意識する重要性を感じていただけたでしょうか?

そう感じた方は、ぜひセミナーに参加したり、自分や社会を知る努力をしたり、何か行動に移してみてください。

よく「本を読んだだけでは人は変わらない」と言われます。結局、人は自分の行動を通じて得たものが「本当の学び」につながります。

ですので、まずはその行動の一歩として、弊社のセミナーを利用していただけたら幸いです。

企業向けの人材育成という領域でプロフェッショナルとして活躍している講師が、あなたの大学生活や社会人生活を後悔させない機会を提供します!

※過去のセミナーレポートはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【映像】インバウンド 事業に取り組む社会人の1日に密着〜株式会社…

    将来の選択肢を知る

  2. 【大手とベンチャーの違い】大手の方が安定は本当?リアルな実態を聞…

    将来の選択肢を知る

  3. 自己分析で”強み”や”弱み”を知るために、学生時代に読みたい本は…

    今やるべきことを知る

  4. 【食品業界のリアル】就職して約1年…やりたいことを仕事にするって…

    将来の選択肢を知る

  5. 【人事コンサルティング業界のリアル】 3年目社員が語る仕事の裏側…

    将来の選択肢を知る

  6. 【金融業界のリアル】「大手企業に就職すれば安定は、本当か?」メガ…

    将来の選択肢を知る

  7. 海外で活躍するために”TOEICのスコアを上げること”以外に大切…

    今やるべきことを知る

  8. 18卒,OB訪問 19卒・20卒必見!就活前にOB訪問をすべき理由と必要な準備

    今やるべきことを知る

やりたいことを見つける方法

やりたいことを実現する方法

あなたは、何タイプ? 大学生からはじめるリーダーシップ入門

社会に出ると求められる「リーダーシップ」。でも学校では学べない?テストの点数が高い、提出物を〆切…

読んでみる

  1. フードコーディネーター

学んでみる

  1. ハタチのトビラ

行ってみる

PAGE TOP