将来の選択肢を知る

【IT業界のリアル】文系卒でも大丈夫?エンジニア職に本当に必要なこと

皆さんは「IT業界」「エンジニア職」ときいて何を思い浮かべるでしょうか?

IT業界もエンジニア職も、「聞いたことはあるけど実際何をやるのかは分からない」という方は少なくないのではないでしょうか…

本日は、SES(システムエンジニアリングサービス)や開発事業、e-sports事業を行っている(株)エイプリルナイツに勤める大沼暸一さんにIT業界、エンジニア職のリアルについてインタビューしてきました。

「ITといっても幅広いけど、結局何をやっているの?」「プログラミングスキルを活かした仕事って?」IT業界やエンジニア職について興味がある、もしくはよくわからない学生のみなさんには必見の内容です!

プロフィール

(株)エイプリルナイツ 大沼暸一
ITの専門学校を卒業後、新卒で業務系のシステム開発の会社へ入社。
半年で退職し、仕事がない生活をしている中、ゲーマーの友人の繋がりでエイプリルナイツ社長と出会い、同社へ入社。
現在、入社3年目でフロントエンジニアとして活躍中。

エンジニアの道へ進もうと思ったきっかけは何でしたか?

きっかけは、高校の先生の助言があったことです。実は、成績が悪すぎて高校卒業ぎりぎりで…。(笑)

それで就職を諦めて高校の先生に進められたエンジニアの専門学校のITネットワークエンジニアの学科へ進学しました。

そのあと、新卒で出身である北海道の業務系のシステム開発の企業へ入社したんですが、全くやりがいを感じられなくて半年で辞めました。

元々ゲームが好きで、その関係で出会った社長に声をかけていただいて、それがきっかけで上京し、エイプリルナイツへ入社したんです。

エンジニア職は長時間PCと向き合っているイメージがありますが、実際はどのようなお仕事なんですか?

エンジニア職というくくりはとても幅広いのですが、その中のプログラマーと言われる仕事はそのイメージであっていると思います。

エンジニア職は、本来「設計、構築」という意味なんですが、私が専門としているWEBエンジニア職全体の仕事としては「メディアを育てる仕事」というのがざっくりした業務内容です。

メディアの中を良くなるように分析して、改善案を提示して、システムの中のプログラミング言語を書き換えていきます。

その過程の一番下にいるのがプログラマーで、指示された中身のプログラミング言語をひたすら書き換えていく作業をします。

理解できるプログラミング言語が増えて、出来ることが多くなると、分析・提案まで携わるコンサルティングをすることになります。経験を積んで、段々ステップアップしていく世界です。

僕も最初はプログラマーからはじまったんですが、やっぱり誰でもしゃべらないでずっとパソコンの前に座ってるのはつらいですよ(汗)

仕事のやりがいは何ですか?

基本的に、お客様に対して自分に何ができるか、顧客への提供価値が明確な仕事にやりがいを感じます。

自分がお客様に対して出来ることがぼんやりしているときより明確になっている方が、何に貢献できているかを見ることができるので楽しいですね。

あとは、仕事のやりがいとはちょっと違うんですが、現在の職場はすごく自由に働かせてもらっているのは、ありがたいことだと思っています。

具体的に、どのような働き方をされているのですか?

昨日なんかは、12時に出勤して、その場で集中出来なくなってきたので「家に帰ります」って言って16時には家に帰ってから仕事をしました。

自社のタスクは期日とやることは明確にしているので、それができればどこで働いてもいいというスタンスの会社です。

ここより自由に働かせてもらえる会社って、日本にないレベルだと思います。(笑)

過酷な労働環境で働くことを‘デスマーチ”っていうんですが、この業界ではそれこそ寝袋を会社に持ってきて寝泊りするみたいなことがわんさかあるんですよ。

そんな中で、社長が健全な職場環境を創ってくれているので、今の働き方ができています。

ブラックな会社とホワイトな会社を見極める方法はありますか?

正直、運というのはありますね…。本当に運が悪い人だと、ずっとプログラマーから抜け出せない人もいます。

組織に優秀メンバーが揃っていると、中々上がれないんですよ。

あと、よくITの世界に憧れて大手企業へ入る人がいますけど、大きなプロジェクトであればある程そのしわ寄せがやってきて、睡眠時間を確保できないという日が続くってこともあります。でもそれは、ある意味仕方がないことです。

ただ、一つ学生にアドバイスできるとすれば、小さなベンチャーに入って、自分の経験値を増やしていくことをお勧めします。

自分の専門性が高まると、他のメンバーが真似出来ないので重宝されます。

エンジニアは、スキルがあれば「仕事」や「働く環境」を変えられるということは覚えておいて損はないと思います。

エンジニア職を目指すにあたって、学生のうちに準備できることはありますか?

知っている方も多いかもしれないですけど、エンジニア職は、文系でも、学生時代に専門的に勉強していなかったとしても仕事にすることが出来るんです。

現場で働いてみないと分からないことが多いことということもあって、学生のうちに準備しておくべきことは特にはないです。

しいて言うなら…開発言語の流行りはおさえておくといいかもしれません。

エンジニア職にも流行り廃りがあるので、それが分かっていたら役に立つと思いますよ!

インタビュー後記

エンジニア職のリアルを垣間見ることはできたでしょうか?

就職活動において「健全に働きやすい環境」を探すことも重要ですが、「自分の専門性を磨き続ける」といったスタンスが大前提にあることの重要性を感じました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 京大卒から教育系ベンチャーへ就職した新卒が語る「やりたいことの見…

    今やるべきことを知る

  2. NPO代表理事というキャリアを見出すきっかけとなった、学生時代の…

    今やるべきことを知る

  3. 【NPOのリアル】新卒からNPOというキャリアを選択し、社会課題…

    将来の選択肢を知る

  4. 学歴は大学中退でも、人事コンサル会社に就職し活躍できた理由とは?…

    今やるべきことを知る

  5. 自分の「やりたいこと」を見つけるのが難しい5つの理由

    今やるべきことを知る

  6. 20卒・21卒の学生が知るべき、就活の自己分析で明確にする3つの…

    今やるべきことを知る

  7. 【20卒・21卒】就活前に理解するべき“業界”と“職種”の違いと…

    今やるべきことを知る

  8. やりたいことって必要?大学・就活で将来の目標が思いつかない時に考…

    将来の選択肢を知る

やりたいことを見つける方法

やりたいことを実現する方法

あなたは、何タイプ? 大学生からはじめるリーダーシップ入門

社会に出ると求められる「リーダーシップ」。でも学校では学べない?テストの点数が高い、提出物を〆切…

読んでみる

  1. アイセックインターン
  2. アイセックインターンシップ
  3. フードコーディネーター

学んでみる

  1. 大学生 チャレンジ
  2. 20卒就活

行ってみる

  1. 職業体験の企画
PAGE TOP