HSPで繊細な看護師の仕事の適性は?辛いときの対処方法

看護師は、高い社会的スキルと感情的知性が求められる仕事です。しかし、自分自身が高感受性人間(Highly Sensitive Person、HSP)であることに気づいた場合、看護師としての仕事や生活はいかがでしょうか?ここでは、HSPの看護師が適正を見つけ、挑戦に立ち向かい、その対処方法やどんな仕事がよいかについて詳しく解説します。

HSPと看護師の適性

HSPは、周囲の情報を深く感じ取る傾向があり、その結果、他人の感情に敏感に反応することが多いです。これは、看護師として必要とされる共感力や患者のニーズを理解する能力と直接関係しています。HSPの看護師は、患者の痛みや恐怖を理解しやすく、その結果、より優れたケアを提供する可能性があります。

HSP看護師の挑戦

しかし、HSPの人が持つこの敏感さは、患者さんと接する時や、医師・他の同僚看護師などと接する時にも感情的なストレスや過負荷を引き起こす可能性もあります。看護師はしばしば、人々が苦しみ、困難を経験している状況に立ち会わなければならず、これはHSPにとって大きなストレスとなります。また、多忙な病棟やICUのような高刺激環境は、HSPにとって過度にストレスフルに感じることがあります。

HSP看護師の対処方法と気持ちの整え方

HSP看護師がどんな風に看護の仕事に向き合っていくとよいかいくつかの方法を紹介します。

まず自分を大切に、自己ケア

HSPの看護師は、自分自身の感情的な健康を維持するための自己ケアを優先しなければなりません。これには、十分な休息、栄養バランスの良い食事、適度な運動、リラクゼーションの時間が含まれます。繊細な性格ゆえに考え込んでしまうこともHSPの特徴なので、「患者さんへのあの時のケアはどんな気持ちだったのかな?」「同僚の○○さんが機嫌悪そうだったけど私のせいかな」など、仕事が終わっても気になってしまうかもしれませんが、それはよくないのでHSPの人は意識的に仕事とプライベートは分けましょう。

患者さんと自分の境界線の設定

HSPは、他人の感情に深く影響を受けやすいため、自分自身と他人との間に適切な境界線を設定することが重要です。これは、感情的なエネルギーを適切に保つために必要です。看護の仕事をする中でも傾聴をしたり共感をしたりすることは大切だとは言われていますが、HSPの性質を持つ看護師の人が行うと、感受性が豊かすぎるがゆえに共感しすぎて、相手の気持ちになって考えすぎて過度な気持ちを抱いてしまいます。本来は良いことなのですが、これは結果的に自分の気持ちを苦しめることになるので、患者さんとの境界線を保ち、当事者意識を持ちすぎないように気をつけるのがHSPの看護師さんに必要なことになるかと思います。

支援者・相談相手の確保

同僚や友人、家族、専門家からの支援は、看護師が感情的な負担を軽減し、ストレスを管理するのに役立ちます。相談相手の確保については、身近な人で相談しやすい場合もありますししにくい場合もあります。オンラインで愚痴を聞いてくれたりするようなサービスもあるので利用してみても良いかもしれないですね。

HSPとしての看護師の仕事の選択

もし看護師になってから自分がHSPであることに気づいたら、より静かで予測可能な環境で働くことを選ぶか、看護師の役割に適した特別な技術や戦略を学ぶことかもしれません。一部のHSPは、カウンセリングや心理療法、ホスピスケア、または一対一の患者ケアなど、他人を助けるための異なる道を選ぶこともあります。特におすすめなのは1対1のケアではないでしょうか。病棟でグルグル患者さんを回っているような状態だといろんな人が気になり気疲れしてしまいます。

HSPの看護師は、感情的な深さと敏感さが看護師の仕事に多大な利益をもたらすことができます。ただし、自己ケアとストレスマネジメントに重点を置くことで、HSPとしての長所を最大限に活用しつつ、感情的な過負荷を避けることが重要です。

HPSの看護師で転職を検討しているならば転職エージェントに相談

HPSという言葉も一般的になり、世の中でも多くの人がHPSだと言われるようになりました。このような中で看護師の転職サイトで希望の求人やどんな性格化などをヒアリングしたりする転職エージェントの理解も深まっています。HPSの性質は看護師の仕事にとって必ずしもマイナスなものではありません。むしろ看護師にとってHPSの高い感受性や観察力はメリットです。このような人材が欲しいと思っている職場は多くあります。

HPSの看護師で面接で長所や短所を聞かれた場合の例

転職サイトに登録して転職エージェントに相談をする時には、例えば以下のような回答をするといいかもしれませんね。

自分の長所は、患者さんの細かな変化や本当の気持ちに気付けることで、短所としては些細なことでも気になってしまうことです。些細なことを気にしてしまうという点については、看護師として客観的にアセスメントをする際に活かせるようにしたいです。

 

看護師の転職についてはこちらの転職サイトランキングで自分に合いそうなところを探してみてください。

1つだけしか登録してはいけないというわけではないので、いくつかのサイトに登録して自分に親切に接してくれる担当さんに当たった場合や、自分が希望している条件にあった仕事を紹介してくれそうなところと密にやり取りをしていくという形はいかがでしょうか。

 

 看護師におすすめの転職サイトランキング!14社を一覧で比較!

 

おすすめの記事