HSPの人が人事・人材教育・採用分野の仕事で無理なく働くための方法・仕事の探し方

HSPには、深い感情、敏感さ、細かい観察力などの特性があり、これらは人事の仕事、人材教育、採用分野で非常に価値ある能力となります。しかし、その反面、感受性が高いHSPの人々は職場のストレスに過敏に反応しやすく、自己管理が必要となる場面が多いです。そこで、この記事では、HSPの人々がこれらの分野でストレスを最小限に抑えつつ、自分の能力を最大限に活用するための方法と、仕事の探し方について探ります。

HSPの特性と人事・人材教育・採用分野への適応性

HSPの人々は、他人の感情を深く理解する能力や、細部にまで注意を払う観察力を持っています。これらの特性は、人材の採用、教育、評価などの業務において非常に役立ちます。他者のニーズを敏感に察知し、個々の能力や潜在能力を見抜くことで、最適な人材配置や育成策を策定することが可能となります。

しかし、その一方で、HSPの人々は感情的な負荷やストレスを受けやすく、これが過大なプレッシャーとなることもあります。そのため、自己の感情管理や環境調整が重要となります。

人事・人材教育・採用分野の仕事の違い

人事・人材教育・採用などの仕事は中小企業であれば全部一つの部署で請け負ってますが、細かく仕事の役割を分けると以下のようになります。それぞれの職種を、飲食事業を運営する企業に例えてみましょう。

人事

人事の仕事は店員さんや料理人、仕入れ、お掃除の人たちが楽しく働けるようにすることです。誰が何時に働くか、どんなルールで働くか、店員さんが困ったことがあったらどう助けるか、全部決めるのが人事の仕事です。

人材教育

新しく店員さんが入ってきたとき、どうやって商品を並べたり、お客さんとどう話すか、レジの使い方はどうするかを教えるのが人材教育の仕事です。店員さんがもっと上手に仕事ができるようになるために学び続ける環境を作るのもこの仕事の一部です。

採用

店にはいろんな仕事があるので、その仕事を上手にできる店員さんを見つけるのが採用の仕事です。どんな人が必要か考えて、そういう人を探して、面接をして、お店の一員になってもらうのが採用担当の役割です。

HSPの人の人事・人材教育・採用の仕事を探すときの注意点

HSPの人が人事、人材教育、採用の仕事を探す際のポイントをいくつか紹介します。

企業文化の理解

HSPの人々にとっては、仕事内容だけでなく、企業文化や職場環境が大きな影響を及ぼしますので、理念やミッションに向けてバリバリ働いていくタイプのイケイケ企業は精神的にきつくなる可能性があります。可能ならば、面接や職場見学を通じて、企業の雰囲気や社員の様子を確認しましょう。HSPの人は、働く人や経営者の人柄などが安心できることも大切ですが、企業としての姿勢が体育会系だったり、逆に極端にロジカルに数字や理論を求められたりする企業文化だと疲弊してしまいます。HSPの人にとっては、自分で道を切り開いていくようなベンチャー体質よりも、ある程度業務の形ができている落ち着いている企業の方がなじむかもしれません。特に人事や人材育成、採用などの仕事に関しては、イケイケ企業にはイケイケ人材が来るので、気持ち負けしてしまうこともありますので、ある意味古き良き企業の方文化の方がお勧めです。

人事の仕事に就く前に、自分自身の価値観を大切に

人事や人材教育の仕事を選ぶ際には、自分自身の価値観や目標を確認することも重要です。なぜなら、企業の価値の高い人材を集めたり企業の価値観を伝えたりすることが人事の仕事になるので、自分自身の価値観とミスマッチを起こすと、毎回自分に嘘をついて偽りながら面接をしたり研修したりすることになるからです。HSPの人は繊細な性格で、このように自分の価値観と違ったことを実行し続けなければならない環境はきつすぎてギブアップしてしまう可能性もあります。HSPの人こそ、人事自分が何を重視し、何を達成したいのかを明確にし、それに合った仕事を探すことで、職場でのストレスを減らすことができます。

HSPの人の人事・人材教育・採用の仕事の探し方

HSPの人が人事人材教育採用などの分野の仕事を探すときには、まずは転職サイトやキャリアアドバイザーに登録することが一番だと思います。HSPの性質を持っている人にとっては将来バリバリに仕事をしていくというキャリアを築いていくよりも、自分に合った仕事をコツコツとこなしていき大きな波が来ないようなキャリアを積んでいくことが好ましいことも多いです。

このようなHSPの人がキャリアに悩むというニーズは年々増大しており、ニーズに応えるべくHSP気質による繊細さを持った方のキャリア支援やマネジメントに携わったコーチも在籍しているコーチングサービスも始まってきています。HSPの性質があることによる悩みの多くは仕事や人間関係だと思いますので、自分が仕事でどのような道をたどって年を重ねていくのかということをリアルに相談できるコーチングサービスを利用するということも気持ちの整理をつけたり将来の自分の望む生活を描いていくために有益だと思います。HSPの人にも配慮したものであるサービスを選んだ方がきっと、他の一般的なキャリア支援サービスより安心してお話しいただけるかと思います。

まとめ

HSPの人々は、その感受性を活かして人事、人材教育、採用の分野で大きな貢献をすることができます。しかし、そのためには自己の特性を理解し、適切な対策を講じることが不可欠です。無理なく働くための方法と、適切な仕事の探し方を理解すれば、HSPのあなたもきっと人事・人材教育・採用分野で成功を収めることができるでしょう。

おすすめの記事