今やるべきことを知る

自分の「やりたいこと」を見つけるのが難しい5つの理由

多くの学生とお会いする中で、相談いただくのが「やりたいことがわからない」という悩み。実際社会人の中でも、そういった悩みを抱えている人は少なくありません。

それは、なぜなのか?そんな悩みを解決するためのヒントとして、「やりたいこと」を見つけるのが難しい理由を考えてみました。

1.自分の欲求に蓋をして生きている

親の期待、周囲の評価、自信のなさ、、、様々なブレーキによって自分の欲求に蓋をしていることってありませんか?

自分の欲求に沿って行動しないと、何が合う/合わないってわからないですよね…。大学生活の4年間はどんどん行動あるのみです。欲求に素直に生きていれば何かがみつかるはず。

2.自分と向き合うことに慣れていない

自分の経験を見つめることは、思考や行動の癖や大切にしている価値観(行動指針)等を発見することにつながります。

このことを「内省」と表現したりしますが、その機会に慣れていないと、自分なりの立ち位置を正確に知ることができません。過去の経験には「やりたい」のヒントがたくさんつまっているはずです。

3.社会のリアルに接する機会が少ない

そもそも世の中にどんな仕事あるのか?どんな生き方をしている人がいるのか?社会を知らずして、「やりたい」をイメージすることなんてできません。

いろんな社会人と会って話すのはお勧めです。いろんな方にお昼をご馳走になりながら話を聞かせていただけるのは学生時代の特権だと思います。

4.「やりたいこと」を思考することに囚われる

一度、「やりたいこと」以外のことを考えると見えてくるかもしれません。社会に対する問題意識の裏側には「~したい」が眠っていたりします。

自分なりの強みを考えると、「自己効力感を感じられる職種」が見つかるかもしれません。考えるよりも行動してみたら、新たな世界が見えることも多々あります。

5.外発的動機と内発的動機を混在させる

外発的動機というのは、「給料」「人からの賞賛」等他人によって提供される原動力です。内発的動機というのは「達成感」「成長感」「自己実現」等自分の内から提供される原動力です。

「承認されたい」という発言が多々みられたことから、意外と混在して思考している人が多いのかな…と感じました。内発的動機にグっとフォーカスしてみましょう。

おわりに

「やりたいこと」を、限られた期間の中で見出すのは難しいかもしれません。これまでの経験の積み重ねなので…ただ、向き合い始めないと、現実を変えることはできません。地道に逃げずに向き合っていきましょう。「キャリア」に答えはないですからね。

「やりたいこと」を探求したい方はこちらもどうぞ。やりたいことを見出し、充実した大学生活を送るための3つ方法

キャリアスケッチ 高橋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【航空業界のリアル】キャビンアテンダント(CA)の私が、就活前に…

    将来の選択肢を知る

  2. “当たり前”を疑うことで見えてくるもの[…

    今やるべきことを知る

  3. 「キャリア=就活は間違い?」大学1年生から知っておくべきキャリア…

    今やるべきことを知る

  4. 後悔はしたくないけど、大学生活に「変わるきっかけがない」という落…

    今やるべきことを知る

  5. 「学生団体の経験は就活や将来に活きるのか?」 学生団体を辞めて感…

    今やるべきことを知る

  6. 間違った大学休学は1年間を棒に振る?経験者が語る休学を100倍充…

    今やるべきことを知る

  7. 京大卒から教育系ベンチャーへ就職した新卒が語る「やりたいことの見…

    今やるべきことを知る

  8. 就活生になる前に知っておきたい、企業で「やりたいこと」をやるとき…

    今やるべきことを知る

やりたいことを見つける方法

やりたいことを実現する方法

あなたは、何タイプ? 大学生からはじめるリーダーシップ入門

社会に出ると求められる「リーダーシップ」。でも学校では学べない?テストの点数が高い、提出物を〆切…

読んでみる

  1. フードコーディネーター

学んでみる

行ってみる

PAGE TOP