今やるべきことを知る

大学時代から誰でもはじめられる、自分らしいリーダーシップを磨くための3つの問い

ホワイトデーの本日、大学で約10ヶ月のプログラムを受講した某大学の1年生へインタビューをしました。

プログラムを終えた後も、「有意義に学生生活を過ごすには?」「今しかできないことは何か?」を考え、某団体でリーダーに立候補したり、チャレンジしたかったホテルのアルバイトをはじめたり、積極的に行動する様子を聞いて嬉しい気持ちになりました。

「自分らしいリーダーシップを磨く」ということは、企業でも求められることですが、私は磨くなら大学時代の方が効果的だと考えています。企業に入ると時間的制約や行動規範が厳しくなりますからね。時間や行動規範の最終責任が、学生自身に委ねられる学生時代の方が、自分と向き合ったり、思いついたことにチャレンジしたり、圧倒的に「自分らしいリーダーシップ」を磨くチャンスがあります。

リーダーシップはリーダーだけではなく、誰もが磨く時代。協働して物事をする際に、誰しもに求められるスキル。本日は「自分らしいリーダーシップ」を磨く方法をお伝えさせていただきます。

「自分らしいリーダーシップ」を磨くために、まずはじめることは?

自分らしいリーダーシップを磨く方法は人それぞれ違います。それは、育ってきた環境・経験したこと・興味・性格・価値観等が違うからです。自分らしいリーダーシップを発揮するにあたって、何らかスキルを学ぶことよりも、まずは自分を理解することが重要です。

実際には「リード・ザ・セルフ」という言葉があり、そこでは、自分がどんな強みや価値観を持っているのか。自分がどこを目指していきたいのかを考え、語ることからリーダーシップが始まると言われています。

結局、人は単に能力が高い人や権力を持った人ではなく、「誰かのために、何かを目指して頑張っている人」を応援したり、支援したりしたいと思うものです。また、その本人が何を目指しているか曖昧だと、支援するにも何をしたらいいのかわからないですからね。

しかしながら、自分を理解することは、本当に難しいことです。

なぜかというと、自分を理解するためには、他の人との違いや他の人からの意見からしか分からないことも多いからです。自分の姿を見るには、鏡を見ないと分からないというのと同じことです。では、どのようにして、人は自分を理解すると良いのでしょうか…

自分を理解するために必要な3つコトとは?

<幼少期の自分が、周囲から影響を受けた事象を言語化する>

思い出しにくいですが、親や友達に聞いて思い出してみましょう。キャリア研修や面談でいろんな方と向き合っていると、幼少期の経験が、その人の価値観形成に大きく影響を与えています。わかりやすいところでいくと、何をやるにも親から「あんたならできる」と言われ続けた人は、チャレンジに対する恐れが少なく「まずやってみる」ということを大切にしていたりします。

「幼少期において、あなたが最も影響を受けた事象は何ですか?その事象から、どんな価値観が形成されましたか?」

<過去から、自分が繰り返している経験を言語化する>

人は人生において、必ず何らかの繰り返しているパターンがあります。そのパターンを紐解いていくと、そこには自分の大切している価値観や磨かれている強みが見えてきたりします。例えば、親の喧嘩や友達の喧嘩をよく目の当たりにして、仲をとり持つことや両者の声に耳を傾ける経験を繰り返しているとします。そうすると、人によっては「チームにおいて本音を言える関係性を保つことが大事」という価値感が磨かれたり、「人の話を聴く」という強みが磨かれたり、その人の核となるものが形成されていたりします。

「あなたの人生において、パターン化されている経験は何ですか?その経験から、どんな価値観や強みが形成されましたか?」

<他人との違いを認識し、言語化する>

言語化した経験は、それらを他の人からどう見えているのかを聞いてみると、少しずつ自分らしさが見えてくるはずです。自分の中の当たり前が、他の人からみると「強み」や「らしさ」として捉えられることが、意外とあったりします。

あとは、「いつもと違う人と出会い、一緒に何かをやってみる」ということ。そして「周りとの違いを恐れず、違いを意識し、違いを自分らしさとして受容すること」ですね。同じような考えの仲間とだけいると、自分自身のことがよく見えてきません。

「他人からみる、あなたらしさとは何ですか?」

まずは自分を知ること、そのために3つの問いと向き合うことが一歩でしょうか…時間のある春休みもあと僅か。4月からの新たなステージに向けて、自分らしいリーダーシップへの一歩を踏み出してみては?新たな自分を知ること、他人との違いを恐れないこと、失敗を恐れず踏み込むことで、新たな自分に出会えるかもしれませんね。

ではでは、明日も自分らしい1日を。

キャリアスケッチ 高橋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 【大手メーカーのリアル】安定の業界に就職する際に、覚悟するべき3…

    将来の選択肢を知る

  2. 「私は何者なのか?」という問いからリーダーシップがはじまる

    今やるべきことを知る

  3. 意識高い系学生 vs 意識低い系学生で考える 、これからの大学生…

    今やるべきことを知る

  4. 【20卒・21卒必見】社会貢献に直結?就活におけるソーシャルビジ…

    将来の選択肢を知る

  5. 大学1年生から知るべき、就職活動で必ず聞かれる質問と経験学習理論…

    今やるべきことを知る

  6. NPOで活躍する若手社会人が、学生時代にビビったけどやっていたこ…

    今やるべきことを知る

  7. 「大学休学は就活や将来にどんな影響を?」大学3年で休学した理由と…

    今やるべきことを知る

  8. 入社ギャップ 【20卒・21卒】就活で自己PRを「盛る」のは、就活生だけではな…

    今やるべきことを知る

やりたいことを見つける方法

やりたいことを実現する方法

あなたは、何タイプ? 大学生からはじめるリーダーシップ入門

社会に出ると求められる「リーダーシップ」。でも学校では学べない?テストの点数が高い、提出物を〆切…

読んでみる

  1. アイセックインターン
  2. アイセックインターンシップ
  3. フードコーディネーター

学んでみる

  1. 20卒就活

行ってみる

  1. 職業体験の企画
PAGE TOP