将来の選択肢を知る

離職率の高い業界はブラックか?就活生が知っておくべき早期離職の5パターン

新入社員が入社3年以内に辞める割合が「3割」という数字は、厚生労働省の調べによると、10年前から変わっていません。

苦労した就職活動の末、ポジティブな理由がない限り早期退職という悲しい現実は避けたいものです。

本日は、人事コンサルタントがリアルに直面してきた新卒社員の早期離職の実態から、ミスマッチを起こさないために知っておくべき早期離職の5パターンについてご紹介致します。

一般的な数字からみる、離職の多い「企業規模」や「業界」

単純に、新入社員が入社3年以内に「3割」が離職するといっても、それはあくまで平均値。ここでは、実際に「企業規模」や「業界」によってどんな違いがあるのかを見ています。まず、企業規模でみると以下の通り、企業規模の小さい企業から離職率が高い結果となっています。

img01
業界別においては、「宿泊・飲食サービス業」「生活関連サービス・娯楽業」が高く、「電気・ガス・熱供給・水道業」のインフラサービスが低い結果となっています。

img02

一概には言えませんが、一人あたりにかかる業務負荷や、福利厚生面でのサポート体制の未整備等が背景には考えられそうです…。

ただ、ここで気を付けるべきは、中小企業やサービス業=ブラック企業という偏った固定観念を持たないことです。実際、私が働いている従業30人程度の人事コンサル会社でも離職率は一桁台ですし、過去に支援したサービス業の企業でもモチベーション高く働いている会社は多く存在するのは事実です。
ここからは人事コンサルタントとして、様々な企業の実態を踏まえて、離職のパターンを考えていきたいと思います。

人事コンサルタントの視点からみる、離職の5パターン

大前提ですが、必ずしも企業側が過度な労働環境の中で働くことを強制しているから離職につながっている訳ではないということです。企業選びをした社員側にも、企業への理解不足やスタンス面等、様々な要因があるのは事実です。

1.青い鳥パターン

「思うように成果が出ない」「この環境だと成長できない」「上司と合わない」等、仕事がうまくいかない時に、その要因を自分ではなく環境に向けてしまう。そして、「自分は本当は●●がやりたかった」「違う会社の方がフィットするんだ」と都合よく解釈し辞めてしまうパターンです。

偉そうなことを言う私も、正直こういった時期がありました。結果的に「自己成長の責任を自分ではなく、会社に委ねていたな」と気づいて踏みとどまりました。できない自分を受け入れられない、プライドの高い学生は要注意ですね。

2.隣の芝生は青くみえるパターン

単純に周囲と働く環境等を比較したときに「自分の方が条件が悪い…」と感じたときに発動するのがこれですね。表面的なところだけを見て、「自社よりも友達の働くA社のほうがいい」といって転職してしまう人もいます。

往々にして、こういう人は自分軸がないので、周りに振り回されがちですね…学生時点では、自分なりの価値観やビジョン等、譲れない軸が曖昧でも構わないですが卒業までには明確にしたいですね。

3.自己過小評価パターン

「自分はだめなやつだ」「自分は●●ができていない」等、自分を過小評価してしまうことからはじまって、結果的に「自分はこの職場から必要されていない」とメンタル的にまいってしまうのがこのパターンですね。勿論このケースは職場・上司のサポート不足も起因してますが、本人特性も大いに影響してきます。

自分に自信がない学生、弱みに着目しがちなが学生は要注意です。起きている事象を客観的に捉えられる力が養うことが大切です。

4.業務負荷蓄積パターン

これは組織が、個々に過度な負荷をかけているケースです。「過度な業務量」「無謀な目標プレッシャー」等々があげられます。理不尽さは組織につきものなので仕方がないという捉え方や、厳しい負荷を乗り越えた新卒時代のおかげで成長できたという事例もありますが…明らかに行き過ぎているなというケースも往々にして存在します。

だからこそ、企業を見極める目は養いたいですね。例えば、企業規模にそぐわない新卒社員を採用しようとしている会社は、ある程度辞める人数も想定して採用しているので要注意です。

5.育成力不足上司パターン

育成のできない上司・先輩は多く存在します。目の前のことに追われて放置する上司、意図を伝えずに仕事を渡す上司、無駄に威圧的な上司等々、業務のプロではあっても、育成のプロではない上司が多く存在するのは事実です。

ここは運もありますが、準備できるとすれば、上司に可愛がられるコミュニケーションをとる術を磨いておくしかないですね。本人が嫌われてしまう態度をとっているというパターンも往々にしてあったりするので…

おわりに

代表的な5つをあげましたが、魅力のない組織運営をする経営者への不信感がたまるパターンや、希望の大手企業に入社できても希望しない配属で悩むパターン等様々な離職理由もあります。社会人の土台をつくる3年をどのように過ごすのかは、その後の社会人人生に大きく影響を及ぼします。

単純に「離職率が高いからブラック」「離職率が低いからいい会社」という表層的な一面だけではなく、多面的に業界や企業を理解することもそうですし、就職先を選択するための自分軸を創ることも重要です。

キャリアスケッチ・高橋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 大学生活を後悔しないために経験するべき5つのコト

    今やるべきことを知る

  2. 【コンサル業界のリアル】就職前に知りたい外資コンサルの実態とは?…

    将来の選択肢を知る

  3. 気になる育児と仕事の両立…就活において女性が「働きやすい」会社の…

    将来の選択肢を知る

  4. 【19卒・20卒】なぜ、就活の準備を直前に行うと人生に後悔をもた…

    今やるべきことを知る

  5. 【19卒・20卒】就活での4つの内定獲得プロセスと就活ナビサイト…

    今やるべきことを知る

  6. 19卒・20卒の学生が知るべき、就活の自己分析で明確にする3つの…

    今やるべきことを知る

  7. 【映像】新卒でNPOに就職した職員の1日とは〜 NPO法人フロー…

    将来の選択肢を知る

  8. 【フリーランスのリアル】楽天、教師を経て、教育領域でのフリーラン…

    将来の選択肢を知る

やりたいことを見つける方法

やりたいことを実現する方法

あなたは、何タイプ? 大学生からはじめるリーダーシップ入門

社会に出ると求められる「リーダーシップ」。でも学校では学べない?テストの点数が高い、提出物を〆切…

読んでみる

  1. フードコーディネーター

学んでみる

行ってみる

PAGE TOP